こんばんは。今日は暗黒界デッキについて考察したことをつらつら述べようと思います。

新弾 SHADOW SPECTERSにてこんなカードが収録されました
《神竜騎士(しんりゅうきし)フェルグラント》
エクシーズ・効果モンスター
ランク8/光属性/戦士族/攻2800/守1800
レベル8モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、
フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動できる。
このターン、選択したモンスターの効果は無効になり、
このカード以外のカードの効果を受けない。
この効果は相手ターンでも発動できる。


フリータイミングで表側表示の任意のモンスターに《炎舞-「天権」》と同様の耐性をエンドフェイズまで持たせる、といったものです。
このカードの制圧力は非常に高く、征竜ではシンクロ召喚あるいはブラスターの相打ち、魔導ではシンクロ召喚意外にはゲーテを撃って効果を使わせた後にカイクウ+ヒュグロ+エトワールorセフェルあるいはジュノン+ヒュグロといったように打点で処理をするほかありません。

そこで、今後の暗黒界デッキは如何にしてこのモンスターにたどり着くか、が重要になってきます。
そこで、自分は次のようなサンプルデッキを考案しました。


無題
【デッキコンセプト】
早い段階でより多くのグラファの擁立を目指す
【解説】
このデッキでは普段自分が使わないようなカードを多数搭載しています。
・召喚僧 サモンプリースト
コストとして切るカードの候補として、強欲で謙虚な壺、墓穴の道連れとともにダブってしまった暗黒界の門、征竜に対しての大嵐などがあげられます。出すモンスターの候補は、ダーク・グレファーのほかに暗黒界(ベージorスノウ)、あるいはダーク・グレファーを引いてしまったときなどは直接BF-精鋭のゼピュロスやヘルウェイ・パトロールも特殊召喚します。軸と言っても過言ではないですが、ダブついた時の弱さ、コストの都合上1回以上はほとんど捨てる余裕がないと言うことで1枚のみの採用になっています
・ダーク・グレファー
このカードは墓地にグラファを送るという点で非常に優秀です。まず手札のグラファをコストに、手札からSSできます。その後、手札の悪魔族を捨て効果発動、グラファを墓地に送る という動作をすると、召喚権を残したままグラファ+悪魔族1枚を墓地に送れていることになります。これに門+ベージや後述のヘルウェイ・パトロールを組み合わせることで即座にランク8エクシーズへ繋げられます。
・ヘルウェイ・パトロール
インフェルニティ以外でこのカードを使うのは珍しいでしょう。
大雑把に言ってしまえば、手札の下級暗黒界をベージに変換する、という役割を持っています。それだけではなく、トランス・デーモンを召喚権を使わずに場にキャストすることができるためトランス+ベージ+グラファ+門の合計8000のワンキルの手助けをしてくれることもあるでしょう。
・強欲で謙虚な壺
このカードを発動したらベージやグラファの特殊召喚ができないなど制約がきつく、ダブっても弱いため自分はあまり好きなカードではありませんが、少しでも安定性を持つため、あるいはサモンプリーストのコストとして2枚
採用しています。
【このレシピを回してみて思ったこと】
増殖するGが非常にきつい。グラファが2体並ぶまでにおよそ3枚~4枚相手に引かせてしまう。このデッキで1killは難しいため、動きを止めなければならない。が、相手に大量に引かせた後の返しで盤面を解決されてしまうことが多々ある。 
メインデッキを征竜に寄せているため魔導への勝率が良くない。→サイドボードの闇V、鉄壁で対処。
【まとめ】
暗黒界に限らず、デッキを組むときは柔軟な目線を持ってあたることが重要です。このレシピもまだまだ完成というには程遠いです。使う人が試行錯誤して自分の手にしっかり合うような構築を見つけましょう。結果はおのずとついてくるはずです。 
それでは、楽しい暗黒界ライフを!