TGCSお疲れ様でした。
以下、大会レポートです

1 マーメイル ○○

2 魔導(ゆぐどらさん)×○×

3 ラヴァル ○○

4 征竜 ×○ET×

2-2の予選落ちでした。

以下、需要はないと思いますがデッキの考察を
今回使ったデッキはTGCS used
このような内容になってます。
今回のデッキコンセプトは、やはり「神竜騎士フェルグラントの擁立」ここにあると思います。
メインデッキはほぼ見ただけで分かると思うので特殊なカードのみ

「クリフォトン」:悪魔族唯一のフリーチェーン手札誘発です。 ライフコスト2000は重いですがそれ以降の相手の攻撃をシャットダウンするので最低限の仕事はしますし、グラファを多く擁立するために門でベージを捨てることが多く、特に序盤、門のコスト不足が目立つことが多かったのでライフがあればいつでも発動できてそのままコストになるこのカードは強かったです。もしも墓穴と一緒に引いてしまっても即捨てられるので、このカードの採択は悪くなかったと思います。

「無の煉獄」:エンドフェイズに全て捨てなければならないという制約こそきついものの一枚ドローというのは強く、より早くフェルグラントを擁立したいというコンセプトに合っていました。 しかしながら、ベージを使って展開をした場合、ベージがエンドに棒立ちしてしまうので、そこをどうケアしていくかが今後の課題だと思いました。

罠の採択・・・このデッキは、あくまで速度を重視しているので、最低限の枚数のみ採用することにしました。
「激流葬」:言うまでもなく最強の罠です。後手ゲームのときに相手のシステムモンスターを除去できるというのは大きいですし、自身を守れるフェルグラントとの兼ね合いも強いです。
「闇V」:魔導はもちろん、征竜にもある程度効く札だと思ってます。フェルグラントが擁立できているならその横にグラファを立てられることは多いですし、もしもバテルを持ってたり、ラメイソンが割れてジュノンが出てきたとしてもフェルグラントが蓋になっているのでケアも容易です。 撃ったら効果が切れる前に勝負を終わらせたいですね。
「神宣」:フェルグラントの後ろに置くだけでより頼もしく思える札です。 基本的には攻めているとき相手の返し手を封じるために使いますが、超再生能力などのパワーカードに対して撃つこともあります。


サイドデッキの採択・・・フェルグラントを守る札、あるいは自分の回転を通す札を多く採択しました。
「増G」、「デッキロック」:どちらも対征竜戦のため、Gは後攻時、デッキロックは先行時のために採用。 あとは言わずもがな 「デッキロック」は対魔導にも使います
「禁止令」:先行時に採用します。主な宣言対象は増殖するGやドロール&ロックバードなどの手札誘発、また対魔導戦では後攻時にもゲーテの魔導書を宣言するために投入します。
「和睦の使者」:個人的に最強カードでした。フェルグラント+和睦で相手は突破方法を失います。そのぐらいのチカラを秘めているカードです。 
「魔V」:征竜などの搭載している手札誘発を全て落とすために採用しました。バーナーやライトニングも落とせるので色が減らせる可能性もあります。
「帰還」:除外された暗黒界を最大5枚手札に加えつつグラファに変える必殺奥義です。 とはいえ、1,2体のみ帰還させることが多かったので正直うーん・・・という感じでした。
「トラスタ」:対罠ビート用でピン刺し(適当) 永続系の罠を無効にできるのは強かったです。
「封魔の呪印」:主に対魔導で採用します。 止める対象はゲーテかサイクロンです。 このデッキは魔法をメインに20枚と魔導書に劣らないほど多く採用してるのでわりと撃てます。 

採用を考えたカード
「スキルドレイン」:暗黒界が採用できる屈指のパワーカードです。いままでは入れてましたが、今回軸をフェルグラントに頼ることになった上、征竜に対してはクソほども刺さらないため採用をやめました。
「D・D・R」:とても採用したかった札なんですが初手に引くと事故要因になること、あと自分が持ってなかったことを理由にやめましたw 
「サイクロン」:割りたい札は闇で割ればいいじゃん(適当)そんなものよりほかのメタカード欲しいんじゃ^~という理論により結局サイド0に。 欲しい場面は特になかったので別によかったのではないかと思います。
「暗黒の瘴気」:暗黒界で無理なく採用できる上、対征竜戦で色を減らせる可能性のあるパワーカードではありますが、罠という遅さ、ぶん回したあとにベージ以外の暗黒界が手札に残ることが稀のため、そもそも撃つ機会があるのか?という疑問が浮かび、結局採用はやめました。

まとめ 
来期はこれを少しいじったデッキを使います。
今まで結果という結果を残せていませんでしたが、来期こそCS優勝目指します。
赤猫くん優勝おめでとうう!