魔界発現世行きバスガス爆発・・・

北九州で活動している遊戯王プレイヤー兼音ゲーマーのブログです。 趣味は惰眠、特技は寝坊。。。

遊戯王

チェーンバーン

1.はじめに
久しぶりの更新です

ここ数週間触ってた【チェーンバーン】というデッキについて思うことが多々あったのでここを使って残しておきます。

その前に、このデッキを語る上では欠かせない今の環境について触れておきます。

昨年10月のリリース以降、抜群の安定感と展開力を誇る十二獣が環境のトップに立っていました。
モルモラット1枚からアドを取りながら複数のエクシーズを展開しつつ、ドランシアで相手の展開まで阻害できた上、1月の新パック発売後はカードプールが増えたおかげでより安定感が増し、展開力も増してほとんどのトーナメントプレイヤーが十二獣デッキあるいは十二獣を採用したデッキを使うまでになりました。

そんな十二獣にも弱点はあります。一つ目は基本除去カードに対して無力な点、二つ目は裏のカードに触る手段がない点です
チェーンバーンはそんな十二獣デッキに対抗するためのいわば現代版メタビートなんです。

なのでみなさんが思っているより(?)真っ当なデッキ 遅延するよりはライフを削って勝ちに行くデッキだと思っています。

2.デッキレシピ
そもそも全ての始まりは1月の大嵐杯でエクゾディアさん @EXODIA07 が結果を残したことでした
https://twitter.com/exodia07/status/825342290084319232

以下がそれを元に僕がアレンジしてはっちグランドに持ち込んだデッキです
https://twitter.com/anohito_yp/status/843725742596743169

結果としては1本ミスがあってそれによってマッチを落としていますがそれがなければ決勝トーナメントに残れてたのでプレイヤーに問題があるだけでデッキとしてはポテンシャルを秘めていると思います。実際、同じような構築を持ち込んだきょーかさんはベスト14に残れています。


3.各カードの採用理由、非採用理由

エクゾディアさんの構築の時からあるもの

●絶対王 バックジャック
①の効果と②の効果が噛み合っていて自己完結しています このカードを墓地に置く=6枚目の罠カードを構えてることになるので単純にパワーカードです。 デッキトップに落としたいモンスターを置いて擬似おろかな埋葬としても使えるのでかなり小回りが利きます。3枚あってもいいと思いますが3枚目を使うことがほとんどない点、ダブりがあると弱い点から2枚に抑えています
●メタモルポット
十二獣の裏のカードに触る手段がないという欠点を逆手に取ったいいカードです。相手の攻撃によるリバースだと灰流うららですら発動すら許しません。 個人的に必須カードだと思います
●妖精伝姫ーシラユキ
相手の足止め、打点要員、ランク4の素材として使える万能な彼女ですがこのデッキにおいては裁きの天秤にチェーンしてその威力を倍増させるというこのデッキならではの使い方ができます 少ないとは思いますがミラーでも重要な役割を果たすのでこれも必須カードです
●マスマティシャン
前述のバックジャックまたはシラユキに直接アクセスするカードです。サイド後は超電磁タートルも落とす対象になります。1500という打点も地味に侮れません。 効果は1回使えば十分なので1枚です。 おろかな埋葬も入っています。
●強欲で謙虚な壺、命削りの宝札
説明不要かと思います。特に命削りはこのデッキの切り札といっても過言ではないパワーを持ってます
●仕込みマシンガン、仕込み爆弾、自業自得
バーンカードです メインデッキの段階で一度ライフを削りきらないといけないので最大枚数投入していますがサイド後入れ替える枠でもあります
●おジャマトリオ
バーンカードの火力増強、天秤のパワーアップ、展開の妨害とやれることがかなり多い1枚です。後攻の時弱いことを差し引いても引けないよりは引いた方が絶対いいので3枚投入です。
●威嚇する咆哮、和睦の使者
説明不要。
●裁きの天秤
このデッキの魅力はこのカードにあるといっても過言ではありません。灰流うららのチェックができていないかつ命削りと一緒に持ってる時だけ自分ターンに撃ちますが基本は相手ターンに撃ちます。

エクゾディアさんの構築と自分の構築の違う点

●バージェストマ・マーレラ、光の護封霊剣採用、覇者の一括不採用
バージェストマモンスターはドランシア効果を受けないので意外と素の状態でも場持ちがいいです。餅カエルのパワーが高いのももちろんですがサイド後のぶつかり合う魂を腐りづらくするために入れてます。
覇者の一括は使いづらさが目立って抜きましたが1枚は入れるべきだと思いました。
●積み上げる幸福採用
このデッキの弱点は命削りの宝札とか裁きの天秤に灰流うららを当てられることで、これが決まるとゲームエンドといっても過言ではありません。可能な限り灰流うららの被害を抑えるため、または打ちどころを分散させるために裁きの天秤が弱くなるリスクを負ってでもドローソースを増やす必要がありました。
そこでバージェストマとも相性が良く、特にデメリットもない積み上げる幸福を採用しました。

サイドとエクストラ

サイドデッキ
●AFパーツ
対十二獣先行時と真竜相手で入れます。
ツイツイが見えたなら後攻でも入れます。神智とムーブメントはこちらのターンに割られても最低限機能するので有り
●ジュラゲド ラヴァゴーレム
ジュラゲドは打点兼回復要因、ラヴァゴーレムは除去のために入れましたがどちらも引きませんでした。両方真竜相手入れます。ジュラゲドはET近くなると入れます
●ぶつかり合う魂
真竜に先後関係なく入れます。魔法耐性ついたマスターを確実に葬れるのと、たとえライフの払いあいになるとしてもこのデッキはライフアドバンテージを取りやすいのでいわば全体除去効果付きのプライドの咆哮として撃つことができます。
エクストラは餅カエル以外ほぼ使いません

4.このデッキの今後

マスタールールの変更とモルモラット、ドランシアの規制により十二獣が衰退し、今回の規制ノータッチの真竜が躍進してくることは想像に難くありません。盤面を処理することを完全に諦めているこのデッキにとってマスターPのようにこちらのターンに裏のカードにも触ってくる置物モンスターが流行る環境はかなり厳しいです。もし僕が来期このデッキを使うなら仕込み爆弾や不運の爆弾などの相手に破壊されたとしても一定の仕事をするカードを多用したいと思います。
もし今後十二獣のように小粒モンスターをどんどん横並びにしていくデッキが環境を獲ることがあれば再びこのデッキも陽の目をみることがあるかもしれません。

5.おわりに

そもそも僕が今期チェーンバーンを握った理由は、十二獣ミラーで十二獣カードを持ってるor持ってない、先行展開を返すカードと回答を持ってるor持ってないといった、初期手札の内容と先後手によって勝敗があらかた決まってしまうのが味気ないと思ったからです。
チェーンバーンを遅延しかできない根暗デッキとか、単純作業を繰り返すデッキだと思ってる方は一度ADSでもなんでもいいんで使ってみてください。 使ってみると案外カード同士の細かなシナジーなど考えるところが多くて楽しいと思います。
自分にしてはかなり長い記事になってしまいましたが、読んで下さってありがとうございました。

自分は来期このデッキを使いません。

大会告知 KIT杯

お久しぶりです。今回大会を主導させていただくことになりました。
詳しくはこちらで http://blog.livedoor.jp/kitcs/

カオスゴッデス杯 登録者一覧

敬称略 先着順

モリハチ
ジブリール
アストラル
ちょんた
カイザー
スカイ
あき
マグロ
きりく
@ヘルツ

ハル
ふぅ
りくのすけ
syo
タカッティー
めがまつ
アルト
とりしゅーら
ししの
TG

コタロー
ふぁんきー西尾
たちゅ哉

由詩


(2014/2/23 01:45更新)
キャンセルの場合は必ず事前にヘタヲまたはだいまでご一報ください!

カオスゴッデス杯 ルール 

予選 スイスドロー(スイスポイント)

スイスポイントとは、予選において各マッチの結果によるプレイヤーの「得点」を指します。
  [ 勝利 ]2勝0敗、2勝0敗1分け、1勝0敗1分け、1勝0敗…3点
  [ 敗北 ]0勝2敗、0勝2敗1分け、0勝1敗1分け、0勝1敗…0点
  [ ドロー(引き分け)] 0勝0敗1分け、1勝1敗1分け…1点

このスイスポイントが10点を突破した者を本選進出者とします。
スイスポイントが10点を越えたものが4人以上になった時点で予選は終了となります。


本選 トーナメント
 本選進出者がトーナメント表に振り分けられます。 形式上、予選でスイスポイントを多く獲得した人ほど有利になるよう振り分けられます。 同数同士は抽選で振り分けられます。

カオスゴッデス杯 公式との相違点やマナーに関する点など

以下に特記することを除けばKONAMIのノーリミットデュエル大会規定(⇒http://www.yugioh-card.com/japan/event/shop_duel/rules.php?no_limit)に従います。

・時間について
 予選に於いてエクストラターン開始から15分経過してもお互いにデュエルの勝利条件に達していない場合はそのデュエルをそこで強制的に打ち切り、そのデュエルを引き分けとします。

・禁止・制限について
 禁止・制限カードについては2014年2月1日施行のリミットレギュレーションを適用します。
 追加で次のカードを禁止とします。
 「終焉のカウントダウン」


・海外版について
 海外版を使用するに当たっては、相手に効果を聞かれた際は正確に答えられなければいけませんが、その際遊戯王カード検索や遊戯王カードwikiなど、公式ではないサイトを用いてもかまいません。 しかし、そのテキストは正確でなければなりません。


持ち物について
 時計を用いて時間を計測することを認めます。 電卓や時計の代わりに携帯電話を利用することは構いませんが、メールなどの確認はご遠慮ください。こちらから確認させていただく場合がございます。

戦略的思考時間について
 お互いに1ターンにつき3分の思考時間が与えられます。これはカード効果の処理をする時間を含めません。 過度の遅延をされていると感じたらご申し立てください。

シングルサレンダー・マッチサレンダー・ID(戦略的引き分けについて)
 本大会ではシングルサレンダー、マッチサレンダー・インテンショナルドローすべてが認められます。 
 その場合はお互いの了承を得た後ジャッジの立会いの下に明確に発言してください。
 相手にIDやサレンダーを認めさせる条件として賞品の分割やその他の「見返り」を持ち出すことは禁止です。発覚した場合は即失格です。もし対戦相手がそのような提案を行った場合は、すぐにジャッジを呼ばなければなりません。ジャッジを呼ばない場合、あなたも同一のペナルティとなるおそれがありますのでご注意ください。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ